COMPANY会社概要

わが社は、ゴム・プラスチックの小物精密成形部品に関し、常に新しい時代を考え、旺盛なる研究心と創意を持って独自技術の確立に総力を結集し、信頼を高め、更に社内の活性化と効率化を図り、企業発展を通じ、業界ならびに会社の繁栄の貢献を目指しております。

基本情報

社名 株式会社 城東製作所
創業 1964 年 6 月 (昭和 39 年)
設立 1967 年 3 月 (昭和 42 年)
代表者 公原 政史
所在地 〒538-0052
大阪市鶴見区横堤 4 丁目 3 番 22 号
TEL 06-6915-1511
FAX 06-6915-8815
事業内容 小物ゴム成形部品および小物精密樹脂成形部品の製造販売
小物ゴム成形部品および小物精密樹脂成形部品の金型設計製作販売
資本金 3,000 万円
従業員数 48 名
関連会社 城東化成 株式会社 ( URL:http://www.jyoto-kasei.co.jp)
〒692-0031 島根県安来市佐久保町 496-1 (安来インター工業団地内)
Tel. 0854-22-1568 / Fax. 0854-23-0892

沿革

1964 年 (昭和 39 年) 6 月 創業者 公原賢司、大阪市城東区放出東(当時)にて精密小物ゴム製品の製造を開始
1967 年 (昭和 42 年) 4 月 現社名に法人改組
1967 年 (昭和 42 年) 12 月 大阪市城東区三組町に本社工場移転
1970 年 (昭和 45 年) 9 月 業務拡張のため本社工場を大阪市鶴見区今津南に移転
1972 年 (昭和 47 年) 12 月 プラスチック工場新設 (鶴見区今津南 3-6-8)
1973 年 (昭和 48 年) 5 月 島根県安来市黒井田町に島根工場新設
1974 年 (昭和 49 年) 12 月 ソ連向けゴム・プラスチックプラント成約
1975 年 (昭和 50 年) 5 月 本社工場増築
1977 年 (昭和 52 年) 2 月 安来工場新設移転及び生産設備増強
1978 年 (昭和 53 年) 12 月 安来工場を分離、城東化成 (株) を設立
1985 年 (昭和 60 年) 4 月 金型工場新設移転
1986 年 (昭和 61 年) 10 月 QIG 品質自主保証会社の認定を受ける
ゴム生産設備を城東化成 (株) に移設
1990 年 (平成 2 年) 5 月 国定公園大山に社員保養所建設
1994 年~ 1999 年 New-QIG の認定を 9 事業場より受ける
2000 年 (平成 12 年) 5 月 業務拡張のため本社工場を大阪市鶴見区横堤に移転
2001 年 (平成 13 年) 7 月 ISO14001 登録審査を受け、適合判定を受ける
2004 年 (平成 16 年) 11 月 城東税務署より優良申告法人の表敬を受ける
2005 年 (平成 17 年) 7 月 ISO9001 認証取得
蛍光 X 線検査装置導入
2009 年 (平成 21 年) 5 月 業務拡張のため城東化成(株) (黒井田町) を安来インター工業団地 (佐久保町) に移転
2009 年 (平成 21 年) 11 月 城東税務署より優良申告法人の表敬を受ける
2014 年 (平成 26 年) 11 月 城東税務署より優良申告法人の表敬を受ける
2017 年 (平成 29 年) 5 月 自転車メーカーから品質指定会社を受ける

企業理念

経営の目的

『全従業員の物心両面の満足度の向上と地域社会への貢献』

経営方針

『ヨットは逆風でも走る』

誰もが順風満帆で航海する事を願っている。
しかし、風は刻々と変化し、目には見えない航海が行く手を阻む。
確かな明日への航路を見つけるために、新しい発想と勇気ある行動力が要求される。
不確実性の中、逆風に向かって進むヨットは、私達の企業姿勢と同じです。

企業ビジョン

『勝ち残れる、今日より明日が 楽しい JYOTO の実現』

顧客から満足され信頼が得られる JYOTO
事業と地球環境の調和を目指す JYOTO
社員の熱意と努力が正しく報われる JYOTO

基本方針

『品質第一』
品質は企業の命である。

品質方針

『顧客から満足され信頼が得られる品質づくり』

環境方針

『事業と地球環境との調和を目指す』